ハワイ島について

ハワイ諸島で一番大きい島『ビッグアイランド』ハワイ島

太平洋上に位置するハワイ諸島は4つのメインの島があります。北からカウアイ島、州都ホノルルのあるオアフ島、マウイ島、そしてハワイ島。「ビッグアイランド」と呼ばれるハワイ島は、ハワイ諸島の中で、そしてアメリカ合衆国にある島の中でも一番面積が大きく、日本の四国の約半分の大きさです(10,430 ㎢)。楽園の島ハワイ島には年間を通して泳げる美しいビーチが数々ありますが、富士山よりも高い山「マウナ・ケア」は標高4,207メートル、ハワイ語で「白い山」という意味で、文字通り冬場には雪が積もります。活火山であるキラウエア火山では溶岩活動が盛んで、火山口から流れ出る溶岩が海に流れ落ち、生命力溢れる島のエネルギーを象徴しています。世界にある全気候帯13のうちサハラ気候と北極気候を除く11の気候帯がこのハワイ島に存在するという、多様性のある魅力的な島です。人口185,079人(2010年国勢調査)

 

ハワイ島は大きく9つの地方区に分けられています。

 

1)プナ地区

2)サウス・ヒロ地区(ヒロの街はこの地区です)

3)ノース・ヒロ地区

4)ハマクア地区

5)ノース・コハラ地区

6)サウス・コハラ地区(ワイコロアとマウナラニ)

7)ノース・コナ地区(カイルア・コナの街はこの地区です)

8)サウス・コナ地区

9)カウ地区(キラウエア火山はこの地区です)

 

ノース・コナ地区とサウス・ヒロ地区に、それぞれコナ空港とヒロ空港があります。

コナ空港へは2017年9月の時点で、ハワイアン航空と日本航空が羽田空港と成田空港から直行便を運行しています。

また、コナ空港とヒロ空港へは、オアフ島ホノルル空港から島間便が随時運行されています。